だいぶん大人になってからバイオリンを始めました。今何年目か分からなくなりました。
  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスン14、15,16 

順調にレッスンに行けてます。そして淡々と進んでいます。

鈴木3巻
3.ガヴォット ト短調 終了
5.ガヴォット 終了
4のユーモレスクは最後にやります。


先生は教本のボーイングやポジションはちょこちょこ変えます。
どうして変えるのかも説明があるので、なるほどなぁと思いながら取り組めます。
例えば、あるフレーズは1ポジでも弾けるんだけど、開放弦の音が入ってしまう。でもそこは響かせたくなくてかつ繋がりや全体のバランスも考慮すると4の指で押さえるよりは、3ポジで弾く方いい。なぜなら………と全体から見たこの部分の位置付け、意味みたいな説明があって、だからポジションを変えます。という感じです。
短いレッスン時間なのですごいスピードでの説明ですが、すごい分析されてるので面白いです。そして常に曲全体に対して今何をしているのかに向き合わされます。

ずっと課題だった右手も少しずつ改善されてるみたいです。スラーの出だしが弱かったのが直ってきました。次は手首の柔軟性をもっとつけるように、元弓7センチくらいをひたすら引き続ける修行を言い渡されました。


カイザーは、
4番 終了。
5番は、テンポを上げながらボーイングを4パターンやります。今3つ目。スピッカートの練習。


次は、鈴木3巻6番のガヴォットニ長調です。
前に篠崎2巻でやってる曲ですが、トリルなどの装飾がちょこちょこ入って、ポジションも一部移動して弾きます。
3ポジに移動した時、まだまだ音がズレてしまいます。もっと練習して体に覚えさせないといけないです。



先日あるジャズのライブに行ったときの事。
ライブをしたピアニストさんと、お客さんで来てたプロのフルート奏者さんと話をしていた時に、お二人ともスケール練習を毎日2時間していると!
え!?と驚いてたら、あーやっぱりそれくらいかかるよね~♪なんて会話をされてました。
スケール練習は欠かさないそうです。毎日スケール2時間もー!?と、びっくりです。
普通にやってたら2時間はかかるで~と言われました。プロは凄いなぁ・・・。何か考えさせられました。
スポンサーサイト
 | ホーム | 
プロフィール

ぴっぴ

Author:ぴっぴ
バイオリンは2015年現在で多分6年目?かな?くらいです。年もとるしだんだん分からなくなってきます。
レッスンは、月に1回とか2回ののんびりペースで細々と続けてましたが、先生がご高齢でリタイヤしてしまわれたので、1年ちょっとブランクを作ってしまいました。
新しい先生と出会ってレッスンを見てもらえる事になったので、初心に戻って再開です。

クラシック音楽だけではなく、アイリッシュなど民族音楽も楽しんでます。

カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。